FC2ブログ

鉄道もろもろ日記

鉄道&鉄道模型など(それ以外もあり!?)で、いろいろと、もろもろ綴ったブログno予定なのです。

名鉄モ510形

20070124211934.jpg

平成17年(2005年)に廃線となった名鉄揖斐線に在籍していたモ510形です。

名鉄モ510形は大正15年(1926年)に美濃町線などの前身の美濃電気軌道の車両として誕生。当初は笠松線など鉄道線に使われましたが、後に美濃町線(軌道線)に転出。長らく美濃町線の主として活躍。
車体は小型ながら前面5枚窓で先頭部は半円形。また戸袋窓が楕円形になっているのが特徴です。

昭和42年(1967年)に岐阜市内線から揖斐線への直通急行(揖斐急行)の運転が計画され、先輩格のモ520形(大正12年製)と共に専用車に抜擢。モ510形5両、モ520形5両の計10両に転換クロスシートへの変更ならびに外部塗装の専用塗装への変更(スカーレットに白色帯)などが行われました。
その後専用塗装の簡易化(窓下の白色帯の省略など)が行われ、さらに昭和50年以降には塗装のスカーレット一色化が行われましたが、揖斐急行への専用車としての活躍は20年間続きました。
さて、昭和62年(1987年)に揖斐急行用モ770形が新製されると、翌年までにモ520形は全廃、モ510形も3両のみとなりましたが、鉄道友の会からエバーグリーン賞が贈られると、外部塗装が再び揖斐急行専用塗装に変更されました。

以降はモ770形にまじり細々ながら定期仕業に従事していましたが、さらに新型のモ780形が登場すると予備車となってしまいモ512号車は平成12年(2000年)に廃車。
残ったモ513・モ514号車も平成17年(2005年)の揖斐線を含む名鉄岐阜地区の全線(岐阜市内線・美濃町線・田神線・揖斐線)廃線と運命を共にしました。

最後に引退した2両は79年も走り続けたことになり、鉄道車両としてはなんとも長命な車両でした。
また、モ510形の最後の3両は、すべてゆかりの地で保存されておりうれしいことです。

モ512+モ513 H7.11.26 名鉄谷汲線 赤石付近


ランキングに参加しています。
ぽちっと一押しお願いします。


↓【PR】名鉄関連の書籍
名鉄600V線の廃線を歩く―惜別の“岐阜線”と空港線誕生 名鉄600V線の廃線を歩く―惜別の“岐阜線”と空港線誕生
徳田 耕一 (2005/03)
JTBパブリッシング
この商品の詳細を見る

名鉄の廃線を歩く JTBキャンブックス 名鉄の廃線を歩く JTBキャンブックス
徳田 耕一 (2001/07)
JTB
この商品の詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト



  1. 2007/01/24(水) 22:22:17|
  2. 名鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<鉄道に魅せられた旅人 宮脇俊三 | ホーム | 近鉄8400系(8411F)>>

コメント

この車両が重連で岐阜駅前に出てくると高床なので威圧感がありました。

通勤時間帯に走っていたのが7年前とは時間の流れが速いですな。
  1. URL |
  2. 2007/01/25(木) 16:46:39 |
  3. inkline #-
  4. [ 編集]

古豪ゴロゴロ

inklineさん、いらっしゃいませ!

ステップがついていて、軌道へ直通するといっても鉄道線の車両というイメージが強いです。
一日一往復になっていたモ510形の岐阜市内線直通急行が軌道線に向けてゴロゴロと発車していく様子を忠節駅で、ただ、眺めていたことを思い出します。(しみじみ)
  1. URL |
  2. 2007/01/25(木) 21:40:31 |
  3. モ8617 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tetsudounado.blog57.fc2.com/tb.php/132-587b314a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

FC2カウンター

ブログランキング

ランキングに参加しています。よろしければ、ぽちっと一押しお願いします。

FC2ブログランキング

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

モ8617

Author:モ8617
大阪在住の鉄道&鉄道模型が趣味の男

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

楽天市場

A8.net

会員数、広告主数ともに最大規模を誇るアフィリエイトは A8.net

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する