鉄道もろもろ日記

鉄道&鉄道模型など(それ以外もあり!?)で、いろいろと、もろもろ綴ったブログno予定なのです。

京都市交通局 935号車

w2018-0107CIMG0177.jpg




京都市交通局900形は昭和30(1955)年に間接制御車の901~915までの15両が、
昭和32(1957)年に直接制御車の916~935までの20両が製造され、総計35両が投入されました。

昭和45(1970)年に916~931までの16両がワンマン化改造され1900形となりました。

残った間接制御車は昭和46(1971)年までに廃車となり、ツーマンで残った直接制御車の932~935
までの4両も昭和49(1974)年に廃車されました。

その後1900形となった16両のうち事故廃車の1922号を除いた15両が広島電鉄に譲渡され、
現在も活躍中です。


ラストナンバー935号車は昭和49(1974)年の廃車後保存車に選ばれ、烏丸車庫に保管されました。

そして、平成26(2014)年3月8日からは梅小路公園の大宮入口側の総合案内所として
活用・保存されています。




撮影:H30.1.7


w2018-0107CIMG0176.jpg



スポンサーサイト

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/02/15(木) 23:33:42|
  2. 廃線跡・保存車両等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

京都市交通局 2001号車

w2018-0107CIMG0151.jpg


京都市交通局2000形は昭和39(1964)年から翌年にかけて2001~2006号車の6両が
製造された同市交最後の新造路面電車です。
当時の輸送体系をにらみ、連結器を装備しラッシュ時は連結運転、日中はワンマン運転に供されました。

昭和52(1977)年の河原町・七条線廃止時に全車廃車されました。

2002~2006号車までの5両は伊予鉄道に譲渡され松山市内線で全車健在。

2001号車は保存車に選ばれ、当時は烏丸車庫に保管され、現在は梅小路公園の
七条入り口広場にて総合案内所として活用・保存されています。

写真は総合案内所として余生を過ごす2001号車。


撮影:H30.1.7



w2018-0107CIMG0152.jpg


テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/01/31(水) 22:46:56|
  2. 廃線跡・保存車両等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

阪堺電軌 モ130号車

w2016-0925CIMG0143.jpg


浜寺公園の交通遊園内には「D51 469」号機と共に地元阪堺電気軌道の
モ130号車も保存されています。


阪堺電軌モ121形モ130号車は昭和42年に大阪市電1601形1639号車を譲り受けたもの。
モ130号車は最終的に団体専用「トラム130」に改造され平成12年に引退。

保存当時はブルーの雲イラスト車塗装でしたが、現在は緑色塗装となっています。


パンタ側
w2016-0925CIMG0126.jpg

行先表示は「えびす町」を表示。



浜寺側
w2016-0925CIMG0124.jpg

行先表示は「浜寺駅前」を掲出。(角度的に見えませんが…)
塗装の痛みが見えます。。。



車内
w2016-0925CIMG0132.jpg

団体専用のカラオケ電車「トラム130」当時のままと思われる車内。
比較的きれいな状態です。
尚、側窓枠固定化・窓ガラスのポリカーボネート化が行われているようです。




撮影:H28.9.25




テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/10/07(金) 22:15:04|
  2. 廃線跡・保存車両等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

D51 469号機


w2016-0925CIMG0108.jpg


浜寺公園の交通遊園内に「D51 469」号機が静態保存されています。



説明板
w2016-0925CIMG0109.jpg

「D51 469」号機は昭和15年1月に国鉄大宮工場で落成。
大宮区に配置後、宇都宮、鳥栖と移動し、最終地は紀伊田辺区。
当地へは昭和46(1971)年10月18日に搬入。



テンダー側より
w2016-0925CIMG0113.jpg

左側に見える緑色の車両は阪堺電軌モ130号車。




w2016-0925CIMG0115.jpg



斜め前方より
w2016-0925CIMG0129.jpg

屋根無しの展示のため塗装の痛みが見られます。


浜寺公園内の交通遊園の開園時間は9:00~17:00まで。


先日開催された、「第16回 スルッとKANSAIバスまつり in 大阪 堺」見学後、みやみやさんと
I先輩と3人で阪堺線利用により訪れました。



撮影:H28.9.25









テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/10/06(木) 22:24:07|
  2. 廃線跡・保存車両等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

豊橋鉄道モ7311号車


w16_0813JPGIMGP0054.jpg


大阪府河内長野市内の国道310号線沿いに、元豊橋鉄道のモ7311号車が保管されています。

先ごろ、みやみやさんの愛車で現地に連れて行ってもらい、現車を確認してきました。


w16_0813JPGIMGP0065.jpg

車両前面側に電柱が有るため撮影しにくいです。



w16_0813JPGIMGP0063.jpg

アルペンの駐車場横の地元企業さんの敷地内に存在します。



国道310号線を走っていると突然、現れる赤い電車。
台車下のみレールが有り、独特な設置の仕方です。

なお、こちらの会社の同じ敷地内にはハンガリー製と思われる小形蒸機の姿も確認できます。



撮影:H28.8.13(公道より)

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/08/21(日) 21:54:24|
  2. 廃線跡・保存車両等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

山陽電鉄256号車(廃車体)


w131026- (184)


山陽電鉄東二見車両工場の敷地内に256号車の車体が存在しています。

250形256号車は昭和29(1954)年257号車とともに旧車の機器を流用して登場。
17m級2扉のロングシート車で、昭和55(1980)年に廃車。

256号車の車体は東二見車両工場の北東の角に存在し、倉庫として利用されているようです。
車体は水色に塗られ窓部分には金網が設置されていました。



工場正門前の道路を北上するとすぐに金網越しに見えてきます。
w131026- (181)

手前に物置等が有るので若干わかりにくいですが。
反対側側面がトップ画像です。



さらに回り込むと
w131026- (186)

姫路側妻面になります。

撮影H25.10.26


テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/11/01(金) 23:35:50|
  2. 廃線跡・保存車両等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山陽電鉄2506号車


w131026- (250)

先日の「山陽 鉄道フェスティバル2013」訪問時に、東二見車両工場の西側に廻り
姿を留める2506号車を金網越しに撮影してきました。

山陽電鉄では唯一残存するステンレスカーですね。
同型でアルミカーの2012-2505-2013が編成で姿をとどめるのに対し、
両端の制御電動車は姿を消し、中間付随車のみが残ります。

一説では清掃詰所に使用されているとか。

なお、2506号車の同一線上奥の車両は救援車の1500号です。




テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/10/31(木) 23:23:47|
  2. 廃線跡・保存車両等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

EH10 61号機

w130526-005.jpg


現在、高架工事真っ盛りの阪急京都線淡路駅より徒歩約数分のところに有る
東淡路南公園に「EH10 61号機」が静態保存されています。


工事で更地やら新しいコンクリートの構造物が建ちはじめた淡路駅周辺を抜け、
戸建てや集合住宅が並ぶ閑静な地区にある東淡路南公園にたどり着くと突然
目前に姿を現しました。


w130526-013.jpg

屋根付きで車体全体を覆い尽くす白い金網で完全ガードされた状態で保存されています。
しかし、厳重というかなんというか。。。



側面の銘板
130526-007.jpg



傍らにはEH10 61号機の説明板が。
w130526-009.jpg


EH10形電気機関車は昭和29年より製造され全部で64両製造されました。
黒い車体に黄色の帯を纏い、2車体連結の8軸駆動の大型機関車でその威容から
「マンモス」と呼ばれました。
昭和57年までに全機廃車となりましたが、唯一この「EH10 61号機」だけが保存
され姿をとどめています。


貴重な1両なので、末永く大切にされますように。


w130526-010.jpg



撮影:H25.5.26



テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/05/26(日) 23:38:13|
  2. 廃線跡・保存車両等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水間鉄道 クハ553号車

w12_0519-IMGP0096.jpg


水間鉄道の終着駅、「水間観音」駅構内に、廃車となったクハ553号車が留置されています。

水間鉄道クハ553号車は元南海1201形のモハ1240号車。
昭和17年に木南車両で製造されました。
水間鉄道には昭和48年頃入線。
モハ510号車と改番され活躍しましたが、昭和59年に電動機・制御器を下ろしクハ553号車に
改造されました。さらに平成2年には1500V昇圧・車両近代化にともない廃車されました。

水間鉄道501形のなかでは唯一の現存車です。

以前は引退時のクリーム色でしたが、現在はクリーム色+赤茶色の旧塗装に
塗り替えられています。



H24.5.19 水間観音駅


テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/05/19(土) 23:55:00|
  2. 廃線跡・保存車両等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

D51 1072号機

w120324-052.jpg

東海道本線・山陽本線の神戸駅の近くに「D51 1072」号機が保存・展示されています。




説明碑1
w120324-050.jpg

保存機の説明のようですが、実機の詳しい経歴は解説されていません。



説明碑2
w120324-051.jpg

平成4年にこの地に移設されたようです。




右側前方から
w120324-053.jpg

以前は荒廃していたそうですが、現在は綺麗に整備されています。




左側前方から
w120324-049.jpg

後ろの高架が東海道本線。神戸駅からは徒歩2・3分の近さ。




斜め前方より
w120324-056.jpg

D51戦時型の特徴となるカマボコ形ドームが目立ちます。
またキャブは密閉型に改造されており、俗に言う北海道仕様です。

すなわち「D51 1072」号機は「D51北海道戦時型」と呼ばれるグループとなります。


ということで当機は落成後廃車まで北海道内を出ることはありませんでした。



斜め後方より
w120324-061.jpg

密閉型キャブがよくわかります。



末永く美しい姿を保つことを願います。



撮影 H24.3.24


テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/03/30(金) 23:28:30|
  2. 廃線跡・保存車両等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

FC2カウンター

ブログランキング

ランキングに参加しています。よろしければ、ぽちっと一押しお願いします。

FC2ブログランキング

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

モ8617

Author:モ8617
大阪在住の鉄道&鉄道模型が趣味の男

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

楽天市場

A8.net

会員数、広告主数ともに最大規模を誇るアフィリエイトは A8.net

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する