鉄道もろもろ日記

鉄道&鉄道模型など(それ以外もあり!?)で、いろいろと、もろもろ綴ったブログno予定なのです。

名鉄キハ8000系特急「北アルプス」号


wP-050N-img034.jpg

S63.8.27 高山本線 鵜沼付近



名鉄キハ8000系使用の国鉄高山本線直通の列車は昭和40年8月に準急「たかやま」号として登場。
運転区間は神宮前~髙山間。
翌、昭和41年3月には急行に格上げ。同年12月には飛騨古川まで運転区間を延長。
昭和45年7月に愛称を「北アルプス」号に改称。同時に、夏季に富山地鉄立山までの延長運転を開始。
昭和51年3月に特急に格上げされました。
昭和59年7月夏季延長運転を廃止。
昭和60年3月、神宮前~富山間の運転となるも、平成2年3月に高山止まりとなる。
平成3年3月に後継のキハ8500系に置き換わり、キハ8000系は廃車されました。


キハ8000系時代の特急「北アルプス」号は、その末期に数回撮影することができましたので、
その時の写真をつらつらと。




キハ8000形
wP-050Nimg035.jpg

S63.8.27 高山本線 鵜沼付近

上写真の後追い。
1エンジンのキハ8000形が最後部。




犬山橋上の特急「北アルプス」号
wS-010N-img021.jpg

H1.8.12 名鉄犬山線 新鵜沼付近

キハ8000系3連で犬山橋の併用軌道を行く。




キハ8200形
wS-010N-img023.jpg

H1.8.12 名鉄犬山線 新鵜沼付近

2エンジンのキハ8200形が最後部。車体がキハ8000形と比べ1m長い。
ポジショニング?を誤ったため、先頭車が半分切れてしまいました。。。





その後も名鉄キハ8500系使用でJR~私鉄直通の特急として運行されましたが、
利用客の減少等により、平成13年10月に廃止されました。




スポンサーサイト

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/10/12(水) 23:01:34|
  2. 名鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

名鉄モ870形


w050327-101.jpg

H17.3.27 名鉄美濃町線 野一色 (モ876+モ875)




名鉄モ870形は昭和51(1976)年に美濃町線に登場した路面電車で、元は昭和40(1965)年製
の札幌市交通局A830形。
2車体1編成の連接車で、モ871~モ876(元札幌市A837~A842)までの3編成が在籍。
名鉄では塗装の変更、側窓の開閉化、ステップの取り付け等を実施。

昭和63(1988)年に余剰車としてモ871-モ872の1編成が廃車。
残りの2編成は平成8・9年に冷房化及び側窓改造等を実施。
更に平成12(2000)年には600V専用から600/1500V複電圧化及びワンマン化工事を実施。

しかし平成17(2005)年4月の岐阜地区600V電圧線区の廃線により余剰となり、平成18(2006)年
2月に廃車となりました。

上写真は最晩年の姿。




冷房改造工事後
w870 Z205P-3

H.9.8.31 名鉄美濃町線 徹明町 (モ873+モ874)




非冷房時代
w870 S166N-20

H5.4.29 名鉄美濃町線 徹明町 (モ875+モ876)




モ874車内の札幌時代のローレル賞プレートと成田山のお札
w050326-013.jpg

H17.3.26 モ874車内




テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/02/16(火) 23:01:53|
  2. 名鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

H5.8.12 名鉄犬山線・地下鉄鶴舞線直通運転開始

平成5年8月12日に名古屋市営地下鉄鶴舞線の庄内緑地公園~上小田井間が
完成し、名鉄犬山線との相互直通運転が開始されました。

本日は、その相互直通運転開始より20周年を迎えます。


今回はその相互直通運転開始当日の記念ヘッドマーク付きの列車の画像を。




名古屋市3050系
w3050 S180N-07

名鉄犬山線相互直通運転開始に伴い制作された3050系。
黄緑色の大きなヘッドマークを付けていました。

名鉄犬山線 岩倉



名鉄100系
w100 S180N-23
この時に6連化された名鉄100系。
大きなヘッドマークを掲げて運転されていました。

名鉄犬山線 江南~柏森



記憶が確かなら、この時のヘッドマーク付きの編成は各々数本(1~2本?)だったと思います。




テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/08/12(月) 00:12:23|
  2. 名鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

名鉄太田川駅高架化

w111217- (13)


平成23(2011)年12月17日(土)、名鉄常滑線・河和線の太田川駅の高架化が完成し共用が開始されました。

上画像は高架化された太田川駅外観。
(東側駅前広場は工事中!)



駅構内案内図
w111217- (31)

改札階(地上)、2階ホーム、3階ホームの3層構造。
また2階ホーム、3階ホームの間に乗り換え用の中3階も。



2階ホーム
w111217- (32)

撮影ホームが1・2番線ホームで中部国際空港・河和方面行が発着。
向かいが3・4番線ホームで中部国際空港からの名古屋方面行が発着。



2階ホームより中部国際空港・河和方面を望む。
w111217- (39)

真っ直ぐ直進すると中部国際空港方面、左にカーブしていくと河和方面。



中3階。
w111217- (42)

2階ホームと3階ホームとを中継する中3階スペース。
2階ホームを見下ろすビュースペースですね。



3階ホーム。
w111217- (53)

5・6番線ホームで河和方面からの名古屋方面行が発着。
さすがに3階ホームともなると高さがあるので太田川の街並みが一望できます。
新しいビュースポットですね。




今回は新駅が主役ですのでほとんど車両の影のない画像でお送りしました。






テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/12/19(月) 23:58:24|
  2. 名鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

名鉄6750系


wIMGP0097.jpg

H22.5.3 名鉄瀬戸線 大曽根~矢田 (6751F+6752F)



名鉄瀬戸線に在籍する6750系は、昭和61(1986)年に1次車2連2本、平成2(1990)年に
2次車4連5本のあわせて24両が製造された通勤車両です。

本系列は製造時に本線系列で廃車となったAL車の下回りを流用しているため釣り掛け駆動の
旧性能車で、現在廃車がすすんでおり1次車4両(6751F,6752F)と2次車4両(6756F)の計8両
が残って(H22.5現在)最後の活躍をしています。

蛇足ながら1次車と2次車の車体が大きく異なるのも特徴です。


上画像は1次車、下画像は2次車の共に最近の姿です。
どちらも塗装が痛んでいるのがよくわかりますね。



w100321-077.jpg

H22.3.21 名鉄瀬戸線 尾張瀬戸



テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/05/13(木) 00:10:35|
  2. 名鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

名鉄5600形

w5600 100502-015

H22.5.2 名鉄各務原線 名鉄岐阜



今年(H22)の3月末より運行を開始した名鉄5600形です。

名鉄5600形はもともと5700系の6連化用中間車として登場したモ5650形とサ5600形。
5701Fと5702Fに2両ずつ組み入れられました。

しかし6連運用の減少にともない、5701F、5702F共に4連化。
編成から外されたモ5650形とサ5600形は、うち2両(サ5601・モ5652)に同時期廃車となった
5300系の運転台を取付けの上これら4両で4両編成1本を組成しました。

従来の5700系の編成と比べると運転席後ろの窓と座席が無い為外観から容易に判別できます。


この4連1本のみの特異な存在の5600形。
この日昼過ぎに名鉄岐阜駅各務原線ホームの側線でお昼寝しているところに運良く?遭遇しました。

今回の画像はその時のスナップです。



テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/05/06(木) 21:44:43|
  2. 名鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

名鉄7000系

w7000 Z448P-20


H14.3.9 名鉄名古屋本線 国府宮~島氏永



先日、日帰りながら名古屋に久方ぶりに行った折、名鉄等を撮影してきました。

やはり、車両の移り変わりの激しさを肌で感じました。

特に名車パノラマカーの激減、2200系の台頭、ステンレスカーの大量増備などが目に付きました。

そのときの写真はまだ現像中なので(いつものこと)手元には無いので、以前撮影した写真を…


6年ほど前の写真になりますが、パノラマカー7000系4連車×2本の重連運用の急行です。
このときも、この重連目当ての方々が数人撮影されていました。(モ8617はたまたま現場に…)
先頭は白帯を消された元特急車ですなぁ。(車番は…わからん)

名鉄7000系パノラマカーは昭和36(1961)年から製造され昭和50(1975)年までに116両が
誕生しました。

日本初の前面展望電車でその年の鉄道友の会ブルーリボン賞を受賞。
その魅力的なフォルムは製造後、47年たった今でも色褪せることはありません。
全車電動車で、性能的には前々年に登場した5500系と同じです。

現在7000系パノラマカーは4連と6連に組まれており、6連の中には7700系の中間車2両を
組み込んだ編成も存在します。

今後、平成21年度中の引退が予定されており、6連は一足先に平成20年11月頃全廃の見込みです。

いよいよ全廃まで秒読み段階になってきましたが、お別れ鉄達に惑わされること無く静かに
見守りたいものですな。




名鉄7000系パノラマカー 日本初の前面展望電車名鉄7000系パノラマカー 日本初の前面展望電車
(2006/12/10)
ドキュメンタリー

商品詳細を見る




テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/05/07(水) 23:29:05|
  2. 名鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

名鉄モ510形

20070124211934.jpg

平成17年(2005年)に廃線となった名鉄揖斐線に在籍していたモ510形です。

名鉄モ510形は大正15年(1926年)に美濃町線などの前身の美濃電気軌道の車両として誕生。当初は笠松線など鉄道線に使われましたが、後に美濃町線(軌道線)に転出。長らく美濃町線の主として活躍。
車体は小型ながら前面5枚窓で先頭部は半円形。また戸袋窓が楕円形になっているのが特徴です。

昭和42年(1967年)に岐阜市内線から揖斐線への直通急行(揖斐急行)の運転が計画され、先輩格のモ520形(大正12年製)と共に専用車に抜擢。モ510形5両、モ520形5両の計10両に転換クロスシートへの変更ならびに外部塗装の専用塗装への変更(スカーレットに白色帯)などが行われました。
その後専用塗装の簡易化(窓下の白色帯の省略など)が行われ、さらに昭和50年以降には塗装のスカーレット一色化が行われましたが、揖斐急行への専用車としての活躍は20年間続きました。
さて、昭和62年(1987年)に揖斐急行用モ770形が新製されると、翌年までにモ520形は全廃、モ510形も3両のみとなりましたが、鉄道友の会からエバーグリーン賞が贈られると、外部塗装が再び揖斐急行専用塗装に変更されました。

以降はモ770形にまじり細々ながら定期仕業に従事していましたが、さらに新型のモ780形が登場すると予備車となってしまいモ512号車は平成12年(2000年)に廃車。
残ったモ513・モ514号車も平成17年(2005年)の揖斐線を含む名鉄岐阜地区の全線(岐阜市内線・美濃町線・田神線・揖斐線)廃線と運命を共にしました。

最後に引退した2両は79年も走り続けたことになり、鉄道車両としてはなんとも長命な車両でした。
また、モ510形の最後の3両は、すべてゆかりの地で保存されておりうれしいことです。

モ512+モ513 H7.11.26 名鉄谷汲線 赤石付近


ランキングに参加しています。
ぽちっと一押しお願いします。


↓【PR】名鉄関連の書籍
名鉄600V線の廃線を歩く―惜別の“岐阜線”と空港線誕生 名鉄600V線の廃線を歩く―惜別の“岐阜線”と空港線誕生
徳田 耕一 (2005/03)
JTBパブリッシング
この商品の詳細を見る

名鉄の廃線を歩く JTBキャンブックス 名鉄の廃線を歩く JTBキャンブックス
徳田 耕一 (2001/07)
JTB
この商品の詳細を見る
  1. 2007/01/24(水) 22:22:17|
  2. 名鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

名鉄300系

20061129234619.jpg

名鉄初のステンレスカー、300系です。
300系は平成15年(2003年)からの小牧線と名古屋市交上飯田線の相互直通運転、及びワンマン運転に備えて前年の平成14年(2002年)に製造されました。
車体の主要仕様は相互直通協定により名古屋市交7000系と共通となっています。
車体は、20m4扉で客室内は側扉間ごとにロングシート部と転換クロスシート部とに分かれており、この客室内配置はその後の名鉄一般車に受け継がれています。
制御方式はデュアルモードVVVF・CVCFインバータ制御で、主電動機出力は170Kw×4。
編成は4両編成で両端制御車、中間電動車の2M2T編成。8編成32両が在籍。
赤い名鉄電車の中にあって、ピンクの帯を巻くこの電車は淡くやさしい感じを受けます。

H15.3.1 名鉄小牧線 犬山~羽黒

ランキングに参加しています。
ぽちっと一押しお願いします。


↓【PR】名鉄関連の商品
まるごと名鉄ぶらり沿線の旅 NEXT まるごと名鉄ぶらり沿線の旅 NEXT
徳田 耕一 (2005/07/15)
河出書房新社
この商品の詳細を見る

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/11/30(木) 00:22:05|
  2. 名鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

名鉄モ750形

20061118011532.jpg

ここ最近の名鉄では不採算路線の整理がいっきに行われ数々の路線が廃止になりました。それと共に、個性的な車両も廃車となり消えていきました。

モ750形は昭和3年(1928年)に10両が製造されました。(前回紹介の上田交通モハ5250形と同い年ですな)
名岐鉄道時代には、名古屋市電に乗り入れるために中央にパンタグラフ、両端にポールを装備していたそうです。はたまた鵜沼から下呂特急としてSLに引かれて高山本線に乗り入れていた仲間もいたそうです。

最終的には瀬戸線での活躍をへて、揖斐・谷汲線へ移り最後に残った3両が平成13年(2001年)9月の揖斐線黒野~本揖斐、谷汲線の廃線とともに廃車となりました。
現在、755が旧谷汲駅で保存されているほか、754がライトグリーン塗装で車体半分の状態で複合施設「瀬戸蔵」で公開され、751も北方町のパン製造業者に譲渡されたそうです。

この15日にはモ750形のNゲージモデルが発売されましたので、これからは模型の世界でこの車両の活躍を楽しみたいですね。
(て、買わねば!)

H13.3.31 名鉄谷汲線 長瀬~谷汲

ランキングに参加しています。
ぽちっと一押しお願いします。


↓【PR】名鉄関連の商品
名古屋鉄道 名古屋鉄道
飯島 巌、井上 広和 他 (2002/07)
ネコパブリッシング
この商品の詳細を見る

まるごと名鉄ぶらり沿線の旅 NEXT まるごと名鉄ぶらり沿線の旅 NEXT
徳田 耕一 (2005/07/15)
河出書房新社
この商品の詳細を見る

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/11/18(土) 02:14:44|
  2. 名鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

ブログランキング

ランキングに参加しています。よろしければ、ぽちっと一押しお願いします。

FC2ブログランキング

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

モ8617

Author:モ8617
大阪在住の鉄道&鉄道模型が趣味の男

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

楽天市場

A8.net

会員数、広告主数ともに最大規模を誇るアフィリエイトは A8.net

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する