FC2ブログ

鉄道もろもろ日記

鉄道&鉄道模型など(それ以外もあり!?)で、いろいろと、もろもろ綴ったブログno予定なのです。

名鉄300系

20061129234619.jpg

名鉄初のステンレスカー、300系です。
300系は平成15年(2003年)からの小牧線と名古屋市交上飯田線の相互直通運転、及びワンマン運転に備えて前年の平成14年(2002年)に製造されました。
車体の主要仕様は相互直通協定により名古屋市交7000系と共通となっています。
車体は、20m4扉で客室内は側扉間ごとにロングシート部と転換クロスシート部とに分かれており、この客室内配置はその後の名鉄一般車に受け継がれています。
制御方式はデュアルモードVVVF・CVCFインバータ制御で、主電動機出力は170Kw×4。
編成は4両編成で両端制御車、中間電動車の2M2T編成。8編成32両が在籍。
赤い名鉄電車の中にあって、ピンクの帯を巻くこの電車は淡くやさしい感じを受けます。

H15.3.1 名鉄小牧線 犬山~羽黒

ランキングに参加しています。
ぽちっと一押しお願いします。


↓【PR】名鉄関連の商品
まるごと名鉄ぶらり沿線の旅 NEXT まるごと名鉄ぶらり沿線の旅 NEXT
徳田 耕一 (2005/07/15)
河出書房新社
この商品の詳細を見る

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/11/30(木) 00:22:05|
  2. 名鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<スルッとKANSAI Kカード 12月 | ホーム | 神岡鉄道 記念乗車券>>

コメント

JRの新型かと思いました。

どっかの国の私営国鉄の車体みたいですね。設計が似たり寄ったりになってしまうのは、どの業界も一緒ですか。

あっしは名鉄といえば7000系?だったっけあの一番前にはいまだ乗車したことがありません。元受の本社が名古屋なので、ご機嫌うかがいのついでに、見に行ってきますか。

いや、ついでが仕事??
  1. URL |
  2. 2006/12/01(金) 17:55:09 |
  3. とっとこハムオーナ #-
  4. [ 編集]

名鉄小牧線、順調に客足を伸ばしていますね。
あとはもう少し一時間あたりの運行本数が増えてほしいところ。

銀電といい、300系といい名鉄ファンの間では高校生以下の若い人と30歳以上の人のギャップが広がっているようです。

若い人いわく綺麗で乗り降りがしやすい電車の方がいいのだと。
私は若い人と年をとった人の中間の世代です。(汗
どちらの言い分もまあ分かります。
  1. URL |
  2. 2006/12/01(金) 18:46:32 |
  3. inkline #-
  4. [ 編集]

とっとこハムオーナさん、いらっしゃいませ!

300系は見た目はそうかもしれませんが、車内に入ると「あらら…」と思うはず。そんな、電車です。
パノラマカーは、全廃が決まっていますのでご乗車はお早めに。


inklineさん、いらっしゃいませ!

私は、乗車するときはどんな車系が来ようがクロスシートに座れれば、それで良いです。(あくまでも座れれば、ですが…)
ロングシート車しかない路線は、仕方が無いですが。
結局、電車ならなんでも良いです。(←ヲイ
  1. URL |
  2. 2006/12/02(土) 01:36:32 |
  3. モ8617 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tetsudounado.blog57.fc2.com/tb.php/104-9afabbcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

FC2カウンター

ブログランキング

ランキングに参加しています。よろしければ、ぽちっと一押しお願いします。

FC2ブログランキング

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

モ8617

Author:モ8617
大阪在住の鉄道&鉄道模型が趣味の男

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

楽天市場

A8.net

会員数、広告主数ともに最大規模を誇るアフィリエイトは A8.net

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する