FC2ブログ

鉄道もろもろ日記

鉄道&鉄道模型など(それ以外もあり!?)で、いろいろと、もろもろ綴ったブログno予定なのです。

京阪3000系(Ⅰ)



京阪3000系(Ⅰ)は昭和46年から製造された特急用ロマンスカーで京阪伝統のテレビカーであり当初から冷房付きで登場し58両つくられました。
登場時から料金不要の特急車ではトップクラスの居住性を誇りました。その後、後継特急車8000系の増備で廃車が進みましたが大井川鉄道に2両富山地方鉄道に16両譲渡され活躍しています。
一方、京阪にも現在8両が残り車体更新およびダブルデッカー車の組み込みが行われ8000系にまじり第一線で活躍しています。とくにダブルデッカー車は8000系への組み込みへの流布となりました。

一時期(8000系登場後)正面のほろ枠が撤去されてしまい間抜けな印象(失礼!)になってしまいましたが、更新時にほろ枠っぽい銀のふちが取り付けられ美しい外観によみがえりました。

なお、平成20(2008)年6月に8000系30番台に改番され、3000系(Ⅱ)に形式番号を明け渡しました。

H14.10.12 京阪本線 関目

↓【広告】京阪関連の書籍です。
日本の私鉄 京阪 日本の私鉄 京阪
井上 広和、藤原 進 他 (1999/08)
保育社
この商品の詳細を見る

京阪電気鉄道 京阪電気鉄道
飯島 巌、諸河 久 他 (2002/07)
ネコパブリッシング
この商品の詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/08/15(火) 12:20:41|
  2. 京阪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<嵯峨野観光鉄道のトロッコ列車 | ホーム | 海遊館に行ってきました>>

コメント

またまた登場!

いい!3000系はいい!なんせ私と同級生やからね~。
一般客から言わすとボロ特急とか言われているみたい
だが、8000には無いこの優雅な形、曲線美はなんとも
言えません。昔、今の天皇様も乗った事もあるし、深夜に
3~4両で爆走してたのも懐かしいな~。
一説では廃車時の車輛部の偉いサンが平の時に開発したやつらしく、ハゲいやツルの一声で復活!と言った話を
聞いた事があります。(ダイヤ情報やったような・・・・・)
真ん中のWデッカー(そうデッカ~)車は寝屋川工場の
お手製で落成当時は社員の間から(京阪で作ったから
いつか走行中に分解でもするんとちゃうか・・・・・笑)
などと言った話もあるそうな。
とはいえ一編成だけの貴重な編成、当たればラッキー!
(鉄だけか?)いつまでも走り続けてほしいものですな。
  1. URL |
  2. 2006/08/16(水) 13:22:30 |
  3. 鐡道信号工夫 #-
  4. [ 編集]

いい車両です!

鐡道信号工夫 さま。こんばんは。モ8617です。
8000系のなかで1本だけきらりと光る3000系。特急車のなかでいい味だしていますね。ダブルデッカー車は居住性は8000系に軍配をあげてしまいますが、京阪初のダブルデッカーとして記念碑的な車だとおもいます。
>Wデッカー(そうデッカ~)
あのまったりとしたCMソングが耳から離れない…
登場時から更新改造や改良が加えられ幾分外観も変わりましたが、これからも京阪のシンボル的存在として活躍してほしいですね。
  1. URL |
  2. 2006/08/17(木) 00:21:35 |
  3. モ8617 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tetsudounado.blog57.fc2.com/tb.php/25-27dc530f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

ブログランキング

ランキングに参加しています。よろしければ、ぽちっと一押しお願いします。

FC2ブログランキング

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

モ8617

Author:モ8617
大阪在住の鉄道&鉄道模型が趣味の男

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

楽天市場

A8.net

会員数、広告主数ともに最大規模を誇るアフィリエイトは A8.net

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する